枝毛 切れ毛 原因

髪の毛が途中からいくつも分岐して、まるで木の枝のように見える枝毛。
プチプチとちぎれる切れ毛。
髪が痛んでいるときに出るメインの症状と言っても過言ではありませんね。
これらはキューティクルが剥がれて髪の水分が失われ、髪の繊維が避けてしまった状態。
ダメージを治す、補修する効果のあるシャンプーやトリートメントですぐさまケアしたいところです。

 

しかし。

 

残念ながら、出来てしまった枝毛・切れ毛を元に治すことはできません。

 

そもそも、髪の毛というのは生えてきた時点で死んでいるのです。
何故なら、髪は皮膚の下にある毛根の毛母細胞というものが分裂を繰り返して徐々に伸びていくものだから。
生きているのは毛根の毛母細胞だけ。
つまり、髪の毛自体には自ら補修する力というものはないということです。
よくヘアケア剤のパッケージやCMで「髪を補修する」というような言葉を目にしますが、
あれは何かしらの物質で髪そのものをコーティングすることを指していることがほとんどです。
枝毛・切れ毛ケア専用の商品でも、「枝毛を防ぐ」というような表記をしているはずです。

 

というわけで、枝毛・切れ毛のケアは「予防」こそが一番効果的なのです。
そのためには髪の毛へのダメージは最小限に抑えること!
摩擦、静電気、紫外線などは避け、髪を濡れたまま放置することもやめましょう。
過度なダイエットも髪を痛める原因となります。

 

けど、できてしまった枝毛・切れ毛はどうすればいいのか?
正直言うとカットするのが一番ですが、そうはいかないときもありますよね。
そんな場合は、ダメージを目立たなくすること。
髪をしっかりと保湿することで、しっとりとまとまりダメージも気にならなくなります。
髪の一本一本を外側からコーティングするような製品もおススメです。

 

トリートメントやオイルに凝るのもいいですが、基本のシャンプーも忘れずに。
誤ったシャンプーは髪を乾燥させます。
保湿成分をたっぷり含んだ、洗浄力の強すぎないもので髪を乾燥から守りましょう。
自分で選ぶのが難しければ、行きつけのサロンの担当美容師さんの意見を聞いたり、サロン専売品を購入するのも良い選択です。
担当さんでしたら、豊富な知識と的確なアドバイスできっとあなたにぴったりのシャンプーを選んでくれるでしょう。

 

一番大切なのは毎日の丁寧なケア。
きちんと継続し、天使の輪が輝く綺麗な髪を手に入れましょう!